Language

Top>News>JAグループのイノベーションラボ AgVenutre Labが農業系スタートアップ企業を紹介する月刊マガジン/AgLab Monthly No.2

2022

6.24

AgLab Monthly

JAグループのイノベーションラボ AgVenutre Labが農業系スタートアップ企業を紹介する月刊マガジン/AgLab Monthly No.2

JAグループのイノベーションラボ AgVenutre Labが農業系スタートアップ企業を紹介する月刊マガジン/AgLab Monthly No.2

JAグループのイノベーションラボ AgVenutre Lab(以下あぐラボ)から、あぐラボの活動や社会課題の解決に取り組むスタートアップ企業(急成長を目指す新ビジネス企業)をご紹介します。

JAアクセラレーター第4期採択企業『TOMUSHI』のご紹介

 

きのこ農家が抱える“廃菌床”処理問題をカブトムシで解決

きのこ農家と連携し、きのこの栽培時に発生する廃菌床をカブトムシで処理。処理後の資源をたい肥やタンパク原料として供給する資源循環型のビジネスを目指しています。カブトムシは高タンパク質で生産時の環境負荷が低く、他の昆虫に比べ量産コストが低いことが特徴です。

 

■TOMUSHIの技術
成長スピードが速く有機廃棄物の処理に特化したカブトムシを累代により開発し、また低コストで大量生産する技術を保有しています。

 

■TOMUSHIが目指すサステナブル(資源循環型)な世界

■今後の取り組み
現在食品の分野において、大学との研究により大手コンビニチェーンと商品化を目指しており、今後5か月間にわたるJAアクセラレータープログラム期間では、昆虫肥料・飼料の製品化に向けた研究や実証実験をしていきたいとしています。

 

‐(株)TOMUSHI‐

秋田県出身の双子、石田兄弟が2019年に創業した昆虫バイオスタートアップ企業です。

会社HP→https://tomushi.com/

 


\JAアクセラレータープログラム第4期採択企業が決定/

5/24(火)、JAアクセラレーター第4期の採択企業を選抜するビジネスプランコンテスト(最終選考会)を開催し、応募総数179 社の中から9社が採択企業に決定しました。採択企業は、11月の成果発表会に向けて、JAグループと協業や連携を図り、革新的なサービスの創造に向けて、取り組んでいきます。

詳細はこちらのPress Releaseから↓

https://agventurelab.or.jp/news/jaaccelerator04_contest/

 

採択企業

株式会社 Agnavi : 「“適量・オシャレ・持ち運び便利”を実現した1合 180mL の缶入り日本酒ブランド『ICHIGO-CAN®』」

株式会社エコロギー : 「サステナブルな機能性養鶏飼料の共同開発」

株式会社 Engi : 「農家の手取り向上!キャンプ場を新たなマーケットにする ~キャンプ場特化型『地産地消』EC プラットフォーム~」

クオンクロップ株式会社 : 「MY エコものさし」

サグリ株式会社 : 「衛星データを活用した作付け調査及び土壌分析」

デイブレイク株式会社 : 「特殊冷凍技術を活用したフードロス削減プロジェクト」

株式会社 TOWING : 「高機能ソイルを活用した農地への炭素固定が可能な次世代苗の普及」

株式会社 TOMUSHI : 「洗練されたカブトムシによるサスティナブルなタンパク質の大量生産システムでタンパク質危機とゴミ問題を解決」

株式会社 My Fit : 「パーソナライズプロテインの定期便 myfit」

 

上記企業、実証等にご興味がございましたら、ぜひあぐラボまでご連絡ください!

 


最新動画

AgVenture Lab×AOIプロジェクト「静岡県三ケ日みかんの事例からひも解く産官学連携トークイベント」

 

 

静岡での産官学連携の実績や今後の可能性、農業の高度化について対談を行っています。

動画のご視聴はこちらから↓
https://www.youtube.com/playlist?list=PL88OGCwUGqB6l5naUNylB9dPJ3qth_qeX

 


オンラインセミナー

あぐラボ×駐日イスラエル大使館経済部共催「代替タンパクの未来に迫る」

 

 

近年、植物肉や培養肉、昆虫食に注目が集まっています。代替タンパクの分野で注目を浴びるイスラエル、日本の企業をお招きし、オンラインセミナーを開催します。

登壇企業・お申込みはこちらから↓
https://peatix.com/event/3252487/view

 


PDF版はこちら